植物生活編集部 植物生活編集部 3週間前

花いけの勘どころ 山査子


いけばなを根源とする上野雄次さんが思う、花をいけるために大切なこと。
花と光の関係、器を意識した表現などを基礎的な技術を含めて紹介しています。

花をいけるために大切なこと。
花を見つめ、向き合うことで、見えてくる自身の心。

床の間に差し込む光に合わせた花のいけかた、器と花の組み合わせ、枝や葉を削ぎ落として生まれる形など、花との対峙の仕方。


これまでの花いけはこちら






花:ヤブサンザシ

花器:高麗 黒釉 塩笥壺


季節:

秋になり、色づきはじめたヤブサンザシはスグリ科の植物。
「サンザシ」という名の、食することができるバラ科の植物は仲間ではありません。

小さな実がびっしりついた枝は光に向かって横へ伸び、上へとまっすぐ伸びています。
光を浴びたところから実も色づく傾向があるので、いけるときには意識してみましょう。



60以上の季節の花を、さまざまな器にいけた、
「勘どころ」を集めた、上野さんの本はこちら。



書 名:花いけの勘どころ―器と色と光でつくる、季節のいけばな
著 者:上野 雄次 
仕 様:B5判、208ページ
定 価:本体2,200円+税




プロフィール
上野 雄次 Yuji Ueno
1967年京都府生まれ 1988年偶然出会った勅使河原宏氏の展覧会に衝撃を受け、華道を学び始める。国内の展覧会での作品発表の他、インドネシアのバリ島やタイなどでも創作活動を展開。2005年より「はないけ」のライブ・パフォーマンスを開始。さまざまな分野のアーティストやクリエイター、パフォーマーとのコラボレーションも多数。国内外ではないけ教室を開催している。2014年Japanese IKEBANA for every season をアメリカにて出版。同書はフランス語、イタリア語にも翻訳され欧州で出版されている。



植物生活ストアもご覧ください!


 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事