植物生活編集部 植物生活編集部 30ヶ月前

やってみた!|ミニダイコン栽培[6]

37日目・本葉がふえてきた

久しぶりになっちゃった
ミニダイコン栽培セットの観察日記。
やってみた!|ミニダイコン栽培[1]
やってみた!|ミニダイコン栽培[2]
やってみた!|ミニダイコン栽培[3]
やってみた!|ミニダイコン栽培[4]
やってみた!|ミニダイコン栽培[5]
 
上の写真のように
本葉がどんどんふえて生育良好!

…なんだけど、いつになったら株元が出っ張ってくるのかな?
 
 

57日目・株元が露出してきた!

さらに20日間、じっくり待ってみたら、
葉っぱもさらにふえてきて
なかなかダイコンらしい姿になってきました。
 

マニュアルには、
「約2か月で収穫」とありました。

その「約2か月後」が間もない57日目、
やっと土の上に株元が出ているのを確認!

やったー♪
 

マニュアルによると
「首の部分の太さが6.5〜9cmになったころが収穫」
ですって。

さっそく首の太さを測ってみましょう。
 

もっともっと太くなってくれないと収穫できません。
待ち遠しいな〜。

ちょっと液肥をあげてみようかな。
 

65日目・ちょっと太くなってきた?

1週間後の65日目、
「あれっ!? ちょっと太ったかな?」のように見えたので、
さっそく計測です。
 
 

ピンチ! 青虫がッ!!!

実はこの数日、出張に出かけていて
「小太りくん」のようすをあまり見ていなかったら、
葉っぱに穴がたくさん!
じっくり見てみれば、
いました、いました、青虫!
どうりで数日前、モンシロチョウが乱舞していたはずです。

葉っぱもおいしい「小太りくん」だもの。
モンシロチョウも、きっと狙っていたのでしょう。

青虫がチョウになる観察も楽しそうだけれども、
ここは *「テデトール」させてもらいました。


*「テデトール」とは「手で取る」、捕殺のこと。ガーデニング好きの間で、まるで薬剤名のように使われている用語です。

70日目・首がムッチムチに見えてきた

さらに5日後の70日目、
首が丸みを帯びて、
ムッチムチに見えたのでザ・計測。
 

【収穫までのポイント】
*風通しのよい日なたに置きましょう。
*土の表面が白っぽく乾いてきたら、パッケージの下部に開けた穴からにじみ出てくるまで、たっぷり水やりします。
*水やりは、葉の上からかけるのではなく、土にかけましょう。
*害虫がついていないか、よくよくチェック。ついていたら捕殺するか、「ベニカS乳剤」など、ダイコンに適用のある薬剤を使用法の注意に従って使いましょう。



さてさて、収穫までもうひと頑張り。
「小太りくん」との二人三脚、どうなるかな?


【使用したもの】
「びっくり大根 小太りくん 袋栽培セット」http://hanagokoro.co.jp/btoc/product/15126 (花ごころ)


text & Photo ウチダトモコ

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事