psycha 植物生活編集部 2020/08/20

時間短縮ラッピング|ラッピングしたまま 立てて飾れる花束

きれいにラッピングした花束は、贈りものに人気。ただし、立てて飾れないのが難点でした。壁に立て掛けるか、横に寝かせておくか、もしくはほどいて器にいけ直すしかなかったのです。でも、持ち手にカップを仕込んだ「立てて飾れる花束」なら その難点がすっきり解消!いただいた花束をラッピングしたまますぐに飾れるので、贈られた方に手間をかけさせることがありません。

必要な材料

  • 資材|撥水加工ラッピングペーパー(ピンク) 60cm角
  • 資材|柄入り不織布(白) 50cm角
  • 資材|ワックスペーパー(ピンク) 40×60cm
  • 資材|不織布(黄色) 35×60cm
  • 資材|プラスチックカップ 高さ12cm程度のもの 1つ
  • 資材|サテンリボン(ピンク) 1.3cm幅80cm、2.2cm幅200cm
  • 資材|コットンリボン(茶色、オレンジ) 各1.3cm幅30cm
  • 花材|バラ‘ラベンダーヘイズ’、トルコギキョウ、マトリカリア、 ガーベラ、アルストロメリア、エピデンドラム、レモンリーフ、 ピットスポルム、ルスカス 適量

作業工程

  • 1

    正方形のピンクのラッピングペーパーを四つ折りにする。さらに対角線で2回折って、写真のような細長い形にする。

  • 2

    とがった端をステムの中程に合わせ、反対側の端を花の高さに合わせてハサミで丸く切る。

  • 3

    2のとがった先端を2cmくらいカットする。白い柄入り不織布も同様にして、2よりひとまわり小さくなるよう端を丸く切り、とがった先端をカットする。

  • 4

    2枚の丸く切ったペーパーを、ピンク、白の順に重ねる。中央の穴に向かって、半径を1カ所切り開く。

  • 5

    切り開いたところから、花束を中央の穴に差し込む。2枚のペーパーの片端を15cmほど外側に折り、白いペーパーが表になる飾りを作る。

  • 6

    ペーパーを花束の周りに巻きつけて、ステープラーでとめる。このとき、5で作った飾り部分はいちばん外側に出すこと。

  • 7

    花束に保水をする。

  • 8

    プラスチックカップを裏返して置き、底をカッターで丸く切り取る。

  • 9

    切り抜いた底から、花束のステムをカップに入れる。

  • 10

    アルミホイルを数回折りたたんで、カップと花束の隙間をつなぐように巻きつける。こうするとカップと花束がずれなくなる。このとき、ステムの保水した袋の底がカップの縁からはみ出さないように注意。

  • 11

    黄色い不織布の上にピンクのワックスペーパーをややずらして重ね、下端を斜めに折り上げる。その中央に花束を置く。 このとき、ペーパーの下端とカップの縁を揃えること。

  • 12

    2枚のペーパーを左右から巻きつけるようにして、カップごとステムをペーパーで包む。

  • 13

    ピンクの太いリボンでフレンチボウを作 り、裏にワイヤーでピンクの細いリボンをとめて、花の根元に結びつける。茶色とオレンジのリボンを重ねて輪を作り、花束の右上にステープラーでとめる。

  • 14


    教えてくれた人/出崎 徹『フラワーラッピング・マニュアル』では、花店で使える実例をベースに、汎用性の高いラッピング資材を使ったテクニック本をご紹介しています。>>https://www.shokubutsuseikatsu.shop/items/23546304

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

おすすめレシピ