psycha 植物生活編集部 29ヶ月前

ウェディングなどに作る、飾る「生花アクセサリー」の作法 [03]

たっぷりと多肉植物をあしらい、鮮やかな緑が視線を引きつけるリストレット。 丈夫な多肉植物は、アクセサリーにはもってこいの存在です。 ナチュラル感たっぷりのグリーンアクセサリーは 森の中のウェディングやカジュアルなパーティーシーンにも映えそう。 ただし水分を含んだ多肉植物は重みがあるので、 落ちないようにしっかりと補強することが重要に。 それでも軽く仕上げられるように丈夫な多肉植物は、アクセサリーにはもってこいの存在です。 ナチュラル感たっぷりのグリーンアクセサリーは 森の中のウェディングやカジュアルなパーティーシーンにも映えそう。 ただし、多肉植物には重さがあるので、 落ちたりしないようしっかりとした補強が必須です。 それでも軽く仕上げられるように、リプサリスなどのふんわりとした花材で ボリュームを出しながらベースを作るといった工夫も加えています。教えてくれた人:高木優子(Quelle クヴェレ)

必要な材料

  • 多肉植物(パキフィツム、グリーンネックレスなどデコレーション用) 適量
  • リプサリス 適量
  • コニファー 適量
  • リューカデンドロン 適量
  • #18ワイヤー 適量
  • 糸巻きワイヤー 適量
  • フローラルテープ(緑) 適量 適量
  • コールドグルー 適量

作業工程

  • 1

    5cmほどの長さに切った#18ワイヤーにフローラルテープを巻き付け、折り曲げて楕円形を作ります。

  • 2

    楕円にしたつなぎ目をフローラルテープで巻き留めます。同じものを2つ作ります。

  • 3

    ②のパーツを半分ほど重なるように合わせます。ワイヤーや重なり箇所の長さは、身に着ける人の腕の太さによって調整します。

  • 4

    重ね合わせた部分をフローラルテープで巻き留め、腕に沿う形に曲げます。

  • 5

    ③がリストレットの土台になります。長さを自在に変えられ、柔軟性も高いので着脱も苦にならない構造です。腕へのフィット感も抜群。昔から行われてきたスタンダードな手法です。

  • 6

    土台にリプサリスを編み込むように巻き付け、糸巻きワイヤーで要所を巻き留めます。

  • 7

    コニファーやグリーンネックレスなど色や質感が微妙に違うものを入れて立体感を出します。先にグリーンでベースを作るとすっきりと仕上がります。

  • 8

    多肉植物は保水しなくてもみずみずしい状態でいるため、コールドグルーで⑥に貼り付けていきます。

  • 9

    重さのあるものは裏からUピンを挿し、落ちないように補強しましょう。

  • 10

    バランスよく多肉植物を配置して完成です。長めに使ったリプサリスがボリューム感とエレガントさを演出します。

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

おすすめレシピ