mayu32fd mayu32fd 2022/01/14

まだまだ松

こんにちは、mayu32fdです。
2022年、だいぶ過ぎてしまいましたが、、本年もよろしくお願いいたします。

あっという間だった年末年始の休み期間。
帰省を取りやめ家にいて、そこそこ時間があったはずなのに、
本棚の整理をした記憶しかない・・・?
休みなんだから休みでいいのに、何もしていないような気分になって
仕事始めの前日は急に気持ちが焦ってきて・・・
いざ仕事が始まったら、あっ、あの花を活け変えなきゃとか
あの器に入れたらもっと可愛いかも!と思いついて
一人で勝手にバタバタしていました(笑)

お花は年末にお正月イメージのブーケをつくって
年始もその花材を使って色々活け変えて楽しんでいるのですが
毎年遭遇する「松どうしよう問題」!
1月も10日を過ぎるともうお正月感はいらないし、
他のお花はどんどん劣化していくのに松だけが青々と元気。
長持ちは嬉しいはずなのに、日に日に松から気持ちが離れて
飾っているのかいないのか、目立たない場所でなんとなく花器に刺さっているだけの存在に・・・
それならばと、今回は「松」で積極的に遊んでみることにしました。

さてどうしよう・・・?
(枝ぶりがそのまま見えるとお正月感が強いので、まずは枝から外させていただきます。)
ふと、逆さまにしてみたら立ったので
大小並べてみた「松ツリー」?季節が逆戻りですね・・・(笑)

そして愛用のラクダに松を入れて、一緒に千両も葉っぱをばらして印象を変えてみた小品。
ラナンキュラスの蕾がこんにちは~これ以上開かないと思われるスプレーバラの蕾もここで活躍!

次はガラスのカップ&ソーサーを使って松をアレンジ。
千両の赤い実を外してカップに浮かべて、その中に小さいガラスの花器を置いてそこに松を立てて
さらにしなやかに伸びるラナンキュラスを1輪。松がしっかりと留めてくれます。

赤い実を浮かべるのが気に入って、別バージョン。
グラスの右はうまく自立したのに、左は沈んでしまったけど、それはそれでキレイ!
そこに箸置きなのに仕事もしないで主役の上で寝ているパンダ!
箸置き置きとなった松・・・

ちょっと横道に逸れたので元に戻して、、長めの松をグラスに入れてシンプルに。
葉っぱが細いので繊細なお花と一緒でも意外としっくり。

また逆さにしたり

写真を撮った後は、ちゃんと元に戻して水に浸けるので
松さん、もう少しだけ頑張って~
・・・と、まだまだ松と楽しく遊ぶ日々が続きそうです。

 
  • すてき 2
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

直近の記事