mayu32fd mayu32fd 1週間前

人工的な花

こんにちは、mayu32fdです。

なんとも無機質なタイトルを付けてしまいましたが
「アーティフィシャルフラワー」のことです。
今までアーティフィシャルフラワー(長いので以下アートフラワーにします)のブーケなどを
いくつも作っていましたが、
「植物生活」のサイトで植物ではない造花のことを書いてはいけないような・・・
ちょっと後ろめたい気持ちがありましたが
フローリスト最新号でアートフラワーの特集が掲載されたので
堂々と紹介してみることにしました。

昔の造花といえば商店街にぶら下がってるド派手でペラペラの桜とか、
流行っていなそうなブティックのショーウインドウにある
ちょっと色あせたバラを思い浮かてネガティブな印象を感じていましたが
年々種類も増えクオリティも高くなり、装飾・デイスプレイの世界だけでなく
一般的にもだいぶ身近になっています。

私が使い始めたのは、以前通っていた教室のレッスン課題でメリアを作る時に、
造花の花びらを使ったのがきっかけだったか・・・
その時は造花に対してあまり乗り気ではなかったものの、
ふと考え方を変えて
生花の代わりを求めるというより
全く別物としてアートフラワーならではの花合わせ、色合わせを見つけて
面白いものができればいいや、といろいろ作ってみることに!
ここではお見せできないヘンテコなものも作ったり試行錯誤を経て・・・
1周回って普通にブーケを作っている今。

大きな葉っぱを控えめに使えばナチュラルな雰囲気に↓

今年は6月末から暑い日が続き
家でお花を楽しむ立場からすると、ちょっとお花に消極的な気持ちになってしまうことも・・・
花持ちの良さで選ぶとトロピカルになってしまうし・・・
そんな中、アートフラワーは強い味方でもあります。
特に青い花は夏にピッタリです。

ブーケ仕立てですが、花器や飾り方でアレンジのような見え方に。↓


まだまだ暑い日が続きそうなので、もう少し涼しくなるまでは
時々、夏休みの自由研究気分で、アートフラワーでできることを探って行きたいと思います。

最後にヘンテコ時代の見せられる作品(笑)突然思いついて作った巨大プリンをどうぞー

 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

直近の記事