ウチダ トモコ ウチダ トモコ 46ヶ月前

もみの木を買いに。子ぎつねversion [東京]


寒い冬の日、子ぎつねはいいました。
うちにもクリスマスツリーがあったらいいな」。

それを聞いた母ぎつねは、
そういえば自分も子ども時代に、
クリスマスツリーが欲しかったことを思い出しました。

思わず、母ぎつねは子ぎつねをぎゅっと抱きしめます。
すると子ぎつねは、人間の子どもの姿に変わったではないですか。

母ぎつねはいいました。
街に行って、もみの木を買っておいで。
でも気をつけなくちゃいけないよ。
街の人と目を合わせると、きつねの姿に戻ってしまうから
」。

人間の子どもの姿になった子ぎつねは、
喜び勇んで街へ出かけます。


誰でも目を合わせないように。
 絶対に目を合わせないように
」。

クリスマスの飾りつけで
キラキラの街へ着いた子ぎつね。
行き交う人たちと目を合わせないように注意しながら
「もみの木ショップ」で
(子ぎつねの)自分の背丈ほどのもみの木を選びます。


これください」。
はい、坊や。いいもみの木を選んだね」。

店のお兄さんは、子ぎつねにそれはそれはやさしく微笑んで
持ちやすいように包んだもみの木を手渡してくれました。

思わずうっかり、お兄さんの微笑む目を
見返してしまった子ぎつね。
みるみる人間の子どもの姿から、
子ぎつねの姿に戻ってしまったのです。

お兄さんは、子ぎつねのお金が木の葉ではないことを確認すると
気をつけておかえり」と
変わらず子ぎつねに微笑み返して、見送ってくれたのでした。


キラキラの街に行き交う人たちは
誰ひとりとして
もみの木を持ち帰る子ぎつねの姿に驚きもしません。


人間の子どもの姿から
子ぎつねに戻った姿のまま家に帰った子ぎつねに
母ぎつねはびっくり。
子ぎつねは「街の人は誰も怖くなかったよ」といいました。

その夜、母ぎつねと子ぎつねは、
木の実や葉っぱで、もみの木を精いっぱい飾りつけ、
あたたかな気持ちいっぱいで、ベッドに入ったのです。

子ぎつねが穏やかな寝息を立てる横で
母ぎつねはツリーに飾りつけられたもみの木を眺めながら、
街はそんなにすてきなのかしら」とつぶやいたのでした。



*****

これは、新美南吉さんの『手袋を買いに』へのオマージュ。
ある日の夕方、「もみの木ショップ」を訪ねてみたら、
子どものころの気持ちがふわっと湧いてきて
思わず「あの子ぎつねも、買いに来たらいいのにな」と
思い出したのでした。

あなたも出かけてみませんか。
きらめくヒルズの「もみの木ショップ」は
12月25日(月)20時まで。




=== イベント情報 ===
Roppongi Hills Artelligent Christmas2017
六本木ヒルズ アーテリジェントクリスマス

もみの木ショップ
東京都港区六本木6丁目11−1 ヒルサイド 1F [地図]
日程 2017年11月25日(土)〜 12月25日(月)※雨天時は中止いたします。
時間 平日 17:00 〜 20:00  土日祝 12:00 〜 20:00
http://www.roppongihills.com
お問い合わせ TEL 03-6406-6000(10:00 〜 21:00/インフォメーションセンター)


text & photo ウチダトモコ

 
  • すてき 2
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

ウチダ トモコ
ウチダ トモコ

園芸ライター、グリーンアドバイザー、江戸東京野菜コンシェルジュ。
園芸雑誌、ライフスタイル誌などの編集、ライターを経て、現在は主にウェブで提案および取材執筆活動中。

直近の記事