細根 誠 細根 誠 2022/03/31

染めの花

しろくま生花店の細根です。


3月に入り、お彼岸や送別用の花のご注文で
おかげさまで忙しくしていたら
気づけば3月も終わり。

東京の桜も、咲いたと思ったら
もう満開で、なんだったら散り始めてます。


市場に並ぶ切り花も、そろそろ春の花は終わり。

この春、気に入って
よく使ってたのが、染めのスイートピー。

ここ何年か、色々なアンティークカラーのものが多く出回っていて
他の花と合わせると、とても良い感じなんですよね。



個人的な意見ですが、色を染めた花に抵抗があって
今までは使ったことが無かったんですが
ス―トピーは、いけるな、と(笑)
染められた色合いにもよりますが。


生産者の方も、色々考えて、努力されてるんだろうな。


で、その個人的な、染めの花使う流れに乗って
次に使ったのが、シンビジウム。


自然には出せない色合いが目を引きますよね。

合わせる花の種類とか色とか考えて
うまく使えればアレンジの幅が広がるんじゃないでしょうか。


ひとつ、新しい発見のあった、この春でした。

 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

細根 誠
細根 誠

1976年静岡県生まれ、1998年東京農業大学国際農業開発学科卒業。と同時に歌手?としてデビュー。2000年惜しまれつつも?解散。渋谷のクラブ「青い部屋」でバーテンに。2001年突然花屋になろうと思う。その後、熊本県益城町の「倉本園芸」、静岡県函南町の「フローリスト花咲」で修業後、独立。2009年東京・新宿区牛込柳町に「しろくま生花店」開店。

直近の記事