psycha 植物生活編集部 25ヶ月前

時間短縮ラッピング|水やりできる鉢花ラッピング1

プラスチックの鉢に入った鉢花は、見た目のチープ感が気になります。かといって、鉢カバーをつけたりラッピングしてしまうと、水やりの際にいちいちはずす手間が必要に。そこで、そのまま水やりできる簡単な鉢花ラッピングを考案しました ! こうして店内に飾っておけば鉢花がおしゃれに見えますし、すぐお渡しできるので、お客さまを待たせることもありません。

必要な材料

  • 資材|撥水加工ラッピングペーパー(ピンク) 35×70cm
  • 資材|プリント入りOPPフィルム(ピンク) 35×70cm
  • 資材|ナイロンひも(黄色、緑、ピンク) 各80cm
  • 花材|ガーベラ 適量

作業工程

  • 1

    ペーパーを横長に置く。強度を出すために上下を内側に折って二重にする。

  • 2

    鉢の受け皿から水が漏れてもペーパーが濡れないよう、1をOPPフィルムでくるむ。ペーパーの折り目のある側で、セロハ ンテープでとめる。

  • 3

    2のペーパーの中央よりやや手前に、受け皿のまま鉢を置く。鉢に沿わせるように、ペーパーを前後から折り上げる。このとき前のペーパーが鉢を完全に隠し、 後ろのペーパーが前よりもやや長くなるように位置を調節する。鉢の前と後ろに両面テープをつけ、ペーパーをとめる。

  • 4

    鉢の口元にゴムをはめる。束ねたナイロンひも3種を、鉢の後ろで一度このゴムに結びつける。こうしておくと、持ち運んでもひもがずれない。

  • 5

    ゴムの上に被せるように3種のひもを前 にまわし、蝶結びにする。

  • 6

    教えてくれた人/出崎 徹『フラワーラッピング・マニュアル』では、花店で使える実例をベースに、汎用性の高いラッピング資材を使ったテクニック本をご紹介しています。>>https://www.shokubutsuseikatsu.shop/items/23546304

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

おすすめレシピ