psycha 植物生活編集部 17ヶ月前

イメージに合わせて作る花束レッスン|スタイリッシュな大人ブーケ

ダリアのように存在感が強い花やカラーのようにフォルムが造形的な花はスタイリッシュで洗練されたイメージの花束に向いています。大人な雰囲気かつすっきりと魅せるために、グルーピングというテクニックを使って仕上げています。

必要な材料

  • ダリア‘黒蝶’ 適量
  • カラー 適量
  • トルコギキョウ 適量
  • アストランチア 適量
  • ポリシャス 適量
  • ドラセナ(赤) 適量
  • 結束する紐(麻紐やラフィアなど) 適量

作業工程

  • 1

    必要な材料を準備します。

  • 2

    最初にクッションとなるポリシャスを2本持ちます。この時点で2本が交差するように握ります。

  • 3

    メインとなるダリアをまず1本合わせます。大輪ダリアは目立つ花なので、ここでは中心に入れます。

  • 4

    2本目のダリアを入れます。③のダリアと対称の位置に入れます。この段階では高さも揃えますが、厳密に合わせる必要ありません。

  • 5

    3本目のダリアを入れます。このダリアが入ることでダリアで三角形ができ、間にポリシャスが入っているように見えます。

  • 6

    ③のダリアの横にカラーを入れます。カラーの茎の向きが不自然にならないようにダリアの横に入れます。

  • 7

    ⑥の隣にさらにカラーを入れます。こちらも茎の向きが自然になるようにします。これでカラー2本が隣り合う形になりました。

  • 8

    ⑦の後ろにポリシャスを1本入れます。

  • 9

    カラー2本を入れた隣のダリアの反対側の位置にカラーを1本、そしてカラーの後ろにポリシャスを入れます。

  • 10

    トルコギキョウを2本、カラーに囲まれていない2本のダリアの隣に入れます。今回使用したトルコギキョウは、蕾が上に付き、下の方に花が咲いているタイプです。咲いている花の高さがダリアと並ぶ位置に入れます。そうすると蕾の位置が高くなります。

  • 11

    正面のダリアの前にトルコギキョウを同様に入れます。上から見るとダリア3本の三角形とトルコギキョウの蕾の三角形ができていることがわかります。

  • 12

    ⑨で入れたカラーの手前に、カラーを1本入れます。

  • 13

    ⑫の横にさらにカラーを1本加えます。

  • 14

    裏側のダリアを囲むようにトルコギキョウを追加します。

  • 15

    この段階での花束の状態です。カラー、ダリア、トルコキョウがそれぞれ塊になり、グループができていることがわかります。このように塊で見せるテクニックをグルーピングといいます。また、写真の上の部分にぽっかりと空間があることがわかります。

  • 16

    ⑮の矢印の空間にダリアを1本入れます。ダリアが隣同士になり、こちらもグルーピングになりました。

  • 17

    手前部分の3本カラーが入っているところにカラー2本とポリシャス1本、カラーが2本入っているところにカラー1本を入れます。カラーの本数が増えると存在感が強くなります。

  • 18

    花束全体のボリュームを見ながら、空間が空いているところやボリュームが不足しているところにポリシャスを入れます。

  • 19

    アストランチアとドラセナ以外の花材をすべて組みました。花の高さや位置を丁寧に整えます。ここでは前より後ろ側をわずかに高くしています。

  • 20

    ドラセナの表を上にして半分に折ったものを2枚、花束の手前のトルコギキョウの後ろに重ねて入れます。同様にカラーを5本入れているところにも2枚入れます。

  • 21

    ⑳で最後に入れたドラセナの横(ブーケの裏側になる)に、折っていないドラセナを4、5枚入れて花束を囲むようにします。ドラセナは重ねてもよいでしょう。葉の先端が花より少し高くなるような位置に入れます。

  • 22

    仕上げにアストランチアを花束の上から、花束の空いている隙間に2本入れます。このとき、無理に押し込まずに、上から茎を少し差し込んだら下から茎を引いて、やや低めの位置に入れます。手で握っている部分をしっかりと紐で縛り完成です。

  • 23

    花束の作り方テクニック』(編集: フローリスト編集部)では、ラワーデザインの上達に重要な技術のひとつ、花束の作り方をご紹介しています>>https://www.seibundo-shinkosha.net/book/flower/20021/

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

おすすめレシピ