psycha 植物生活編集部 17ヶ月前

イメージに合わせて作る花束レッスン|和テイストのモダンブーケ

和モダンな雰囲気の花束はグルーピングで作っています。従来のキクのイメージとは異なる丸いフォルムのピンポンギクを使った、現代風な仕上がりが魅力です。和のスタイルに仕上げたいときは花材選びとテクニックが重要です。少ない花材の種類でもグルーピングで花束を構成することで、コントラストが生まれ、仕上がりのイメージが強調されます。

必要な材料

  • タニワタリ 適量
  • キク(ピンポン) 適量
  • ダリア 適量
  • ドラセナ 適量
  • アスチルベ 適量
  • 結束する紐(麻紐やラフィアなど) 適量
  • ホチキス 適量

作業工程

  • 1

    必要な材料を準備します。

  • 2

    タニワタリの葉の中央の葉脈を残し、下から1/3の部分を繊維に合わせて手で切ります。葉脈の左右ともに行います。

  • 3

    葉の先からくるくると丸め20cm程度の大きさにし、ホチキスで留めます。タニワタリは硬くしっかりとした葉なので、ホチキスは数カ所留めます。このパーツを計3個作ります。タニワタリを使うのは花束作りの最後ですが、先に作っておくことで手早く仕上がります

  • 4

    花束の中心になるようにドラセナを1本握ります。

  • 5

    ④にダリアを2本入れます。2本目が隣同士になるように入れます。

  • 6

    ⑤のダリア2本の後ろ側に1本を入れます。3本のダリアは高さも同じ位にします。

  • 7

    ダリアと対称になるようキクを1本入れます。

  • 8

    ⑦のキクに重ねるように、残り2本のキクを入れます。

  • 9

    アスチルベ3本を重ねて手に持ち、ダリアとキクの間のところに入れます。アスチルベは花が繊細なので数本まとめることで、存在を強調します。これですべての花が3本ずつグルーピングした状態になりました。

  • 10

    アスチルベの隣にドラセナを1本入れます。ここで大体の形が出来上がりました。キクやダリアの高さを調整します。それぞれのグループで3本の花にわずかに高低差を出し、隣り合うダリアとキクの高さがほぼ同じになるようにします。右の写真は調整した後の様子です。

  • 11

    最初に作ったタニワタリのパーツをキクの後ろ、ダリアの後ろにそれぞれ入れます。

  • 12

    ダリアの後ろには、さらに1枚タニワタリのパーツを重ねます。ぴったり重ねるのではなく、最初のタニワタリより少し高い位置で重ねます。

  • 13

    ⑪で入れたタニワタリとキクの間にドラセナを1本入れます。

  • 14

    アスチルベ2本をダリアの裏側のタニワタリとドラセナが入っていない(空間がある)位置に入れ、花の向きや葉の向きなどを丁寧に整えてから、紐で結束部分をしっかり縛り完成です。茎が揃っていないようなら、揃うようにカットします。

  • 15

    花束の作り方テクニック』(編集: フローリスト編集部)では、ラワーデザインの上達に重要な技術のひとつ、花束の作り方をご紹介しています>>https://www.seibundo-shinkosha.net/book/flower/20021/

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

おすすめレシピ