psycha 植物生活編集部 2021/02/26

イメージに合わせて作る花束レッスン|枝だけで作る秋の艶花束

ほんのり色づき始めたアブラドウダンツツジの葉のグラデーションの美しさを主役にすれば、ほかの花はいらないと潔く束ねた花束。枝で作られたラウンドの花束は、浅い秋だからこその緑から赤への色調が、季節の移ろいをダイレクトに感じさせてくれます。そこから 1 本を伸ばして、枝振りも堪能できるように仕上げています。

必要な材料

  • 結束する紐(麻紐やラフィアなど) 適量
  • アブラドウダンツツジ 適量

作業工程

  • 1

    必要な材料を準備します。

  • 2

    まっすぐな枝を選び、始めに5本ほどまとめて持ちます。これが花束の中心になります。

  • 3

    丸くなるようにイメージしながら枝を束ねていきます。中に入れたり添わせたり、葉の向きを見ながら入れていきましょう。

  • 4

    ラウンドから飛び出す枝は、切るなどして形を整えるときれいに仕上がります。

  • 5

    微妙に違う葉色をミックスするように、色を見ながら加えていきます。

  • 6

    花束に枝を加えていくときに、葉の向きが逆にならないように気をつけましょう。 葉の向きをに入れてしまうと美しいラウンドにならずに形が崩れてしまいます。

  • 7

    花束を上や横などいろいろな方向から見て、色や形に偏りがないかチェックします。色に偏りがある場合は追加したい色の枝を入れたり、向きを整えたりします。

  • 8

    ラウンドの部分が出来上がったら、上から長い枝を中央付近に入れます。差し込むときも、枝のスパイラルの流れに沿って入れることが大切です。結束部分を紐で結び、完成です。

  • 9

    花束の作り方テクニック』(編集: フローリスト編集部)では、ラワーデザインの上達に重要な技術のひとつ、花束の作り方をご紹介しています>>https://www.seibundo-shinkosha.net/book/flower/20021/

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

おすすめレシピ