psycha 植物生活編集部 17ヶ月前

イメージに合わせて作る花束レッスン|フリーセントブーケ

フリーセントブーケとは流れるような形のブーケのことをいいます。スパイラルとパラレルの両方を使い、長くしなやかなラインを見せるテクニックです。ブーケホルダーなど専用のアイテムがなくても、ナチュラルなキャスケード風の花束を作ることができます。白と明るいの清らかな色合わせは、ウェディングにもぴったりです。カラーの茎の特性を生かしたデザインです。

必要な材料

  • カラー‘クリスタルブラッシュ’ 適量
  • バラ‘スノーダンス’ 適量
  • ホワイトスター‘ペガサスホワイト’ 適量
  • アルストロメリア‘グリーンデイ’ 適量
  • ビバーナム・スノーボール 適量
  • チランジア・ウスネオイデス 適量
  • レザーファン 適量
  • シレネ‘グリーンベル’ 適量
  • 結束する紐(麻紐やラフィアなど) 適量

作業工程

  • 1

    必要な材料を準備します。

  • 2

    メインの花となるカラーを3本用意します。フリー
    セントは曲線が重要なデザインです。曲がり具合が足りないものやカーブの方向性が違うものは、指を使って形を作ります。指で茎を写真のようにしごいて茎の形状を変えることを矯めるといいます。

  • 3

    カラーはすべて上を向くように、パラレルで持ちます。花首はまとめずに段々になるようにします。

  • 4

    ③にビバーナム、ホワイトスターをパラレルで入れます。カラーが隠れてしまわないようカラーの花よりも下にまとめます。

  • 5

    結束部分を見るとパラレルになっている様子がわかります。

  • 6

    流れるような形(キャスケード型)になるように、ほかの花やレザーファンなどもパラレルで足します。④同様にすべてカラーよりも下に入れます。写真は花束の前部分が完成した様子。

  • 7

    花束の後ろ側にも花を入れます。ここからはスパイラルの要領で茎を斜めに入れていきます。花の順番はランダムにアルストロメリアやホワイトスター、シレネ‘グリーンベル’などを入れます。

  • 8

    後ろ側にもある程度ボリュームが出たら、花束の下にレザーファンを入れてカバーします。花が入れ終わったら、結束部分を紐でしっかりと縛ります。

  • 9

    最後にチランジアを花に絡めて動きを出します。チランジアは生花用の接着剤で留めると持ち歩いても取れることがなく安心です。

  • 10

    花束の作り方テクニック』(編集: フローリスト編集部)では、ラワーデザインの上達に重要な技術のひとつ、花束の作り方をご紹介しています>>https://www.seibundo-shinkosha.net/book/flower/20021/

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

おすすめレシピ