Mitsuki Ciołka 2022/09/24

《映画鑑賞花》

映画を観て湧き上がったイメージを、花束やアレンジメント、インスタレーション等として花で表現
毎週土曜日更新

Film.20 "ペネロピ"
原題: Penelope
2008年 USA,UK

ファッションや映像がおしゃれで可愛く、おとぎ話のような、とてもキュートな映画。

一族が魔女から受けた呪いによって、豚の鼻を持って生まれてきたペネロピ。
世間の目を避けるため、屋敷の中だけで育ちながら、呪いを解くための条件である、"名家の子息からの永遠の愛の誓い"を待ち続けていたけれど…。

クリスティーナ・リッチ主演。
子どもの頃に父が借りてきてくれた映画、"キャスパー"で見てから、特別好きな女優さんの一人です。
この映画でも、おとぎ話のような映画の雰囲気にとても合っていて素敵でした。

14年も前の映画だけれど、昨今よく言われる"自己肯定感"とも共通する、古さを感じないテーマで、見終わった後はポジティブな気持ちになれます。

自分を幸せに出来るのは、自分。

今回は、
この映画全体の雰囲気を、宝箱を器にして、ドライフラワーと生花のミックスアレンジメントで表現しました。
少しアンティーク感を出したくて、スプレーでゴールドに染めた藤袴をポイントに入れました。

I expressed "Penelope" at this arrangement.

This movie is so cute.
the atmosphere such as the fairy tale and a stylish hue are very attractive on it.

It is the movie 14 years ago, but the theme is common in the present age.

I colored the thoroughwort into gold and put it as an accent.

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

関連する写真